てんかん症状と発達障害における関係性

まず、てんかんが起こる原因として脳の中に傷があり傷をカバーしようとする機能を使う際に電気が流れますが過剰に放電されることで起こります。
てんかんと発達障害の関係性はある場合もありますし、知的障害を併発することもあります。
また、てんかんに気づいたら小児であれば小児科、成人であれば神経内科や精神科や脳神経外科にかかることが多いですが、どの科が自分に適しているかは何れかの科にかかり相談してみるのも良いです。

学校教育の選び方はてんかん発作が抑制されていれば普通に教育を受けられますが発達障害を併発していると特別支援学級の教育も対象に入れると良いです。
また、症状がまた、プールでの指導も安全性に配慮すれば受けられる場合もあります。
出る場合学校に詳細な症状を伝えてどういった対応が必要か医師と保護者と学校が連携するようにします。
てんかんと発達障害の関連性の割合は大凡15%から40%程ありこれらの症状と薬との関係性をてんかんの治療を受けている専門医療機関で相談してみることも大切です。

薬を服用している際に一時的に学習能力や知的能力が低下することがあります。
てんかんの発作の誘発する原因として睡眠不足や過度の精神的緊張や過度の運動等が要因と考えられていますが絶対的な原因です。

発達障害の名でも自閉症やアスペルガー症候群、広汎性発達障害やADHDやLD等といった症状に分けられますがその中でもADHDが多いとされています。
勿論他のパターンの発達障害を併発している場合もあります。
自閉症とアスペルガー症候群と広汎性発達障害の主な症状として言葉の発達の遅れやコミュニケーション障害、対人関係社会性の障害やパターンへの拘り等があります。
ADHDは不注意や多動多弁や衝撃的に行動するなどの症状があります。LDは読む事書く事計算する事が極端に苦手な障害です。
また、症状によりますが障碍者手帳の交付も可能です。

てんかんと発達障害の子供が通う学校選びについて

てんかんを発症して発達障害もある子供が学童期にある場合には、どのような学校に通うのかという問題が生じてきます。
もちろん普通の子どもが通う普通学級に入ることができればそれが望ましいように思われますが、症状によっては普通学級が良い場合と特別支援学級のほうが良い場合とがあります。

てんかんと発達障害の関係は15~40%程度は関係あるとされているために、てんかんと発達障害の両方を抱えている子どもの数はかなり多いと思われます。
ただその中でも症状の種類や程度は様々で、個人個人によって普通学級が良い場合と特別支援学級が良い場合とがあります。

てんかんの症状が薬で抑えられていて普段はほとんどてんかん発作がおきず、薬に副作用による眠気などが起こることがほとんどない場合には普通学級で他の子どもと一緒に授業を受けられるでしょう。
しかし、こういった例は多くなく、てんかんによる症状が薬を飲んでいても起こる可能性があったり、薬の副作用で集中力に欠ける時などは普通学級で勉強をしていくことが難しくなります。

発達障害も症状に個人差があるため、通う学校の選び方には個人の特徴を見ながら考えることが大切になってきます。
発達障害があっても他の子どもと一緒に勉強をすることができたり、知的能力の低下がない場合には普通学級での通学が可能になります。
しかし、座っていることが難しかったり、日によって気分の変化が大きい時には普通学級に通うことが難しいかもしれません。

他には発作が起きる頻度が多いとプールの授業などでは自分の身に危険が出ることがあるために、生徒一人に対してつく教員の数が多い特別支援学級のほうが安心して授業を受けられるでしょう。
そういったことを総合的に考えて通う学校を選びましょう。